アタッシェケース

仕様

名称アタッシェケース
種類ファイル暗号化ソフト
ウェブサイトhttp://hibara.org/software/attachecase/

コマンドオプション一覧

基本設定

パスワードを指定

/p=[PASSWORD]
  • 例:/p=hirakegoma
  • 例:"/p=hirake goma" ※半角スペースを含む場合

記憶パスワードで確認なく実行する

/mempexe=[0,1]
  • 例:/mempexe=1
  • 例:/mempexe=0 ※実行せず確認を行う場合

復号後に開く(フォルダの場合)

/opd=[0,1]
  • 例:/opd=1
  • 例:/opd=0 ※フォルダを開かない場合

復号したファイルを関連付けられたソフトで開く

/opf=[0,1]
  • 例:/opf=1
  • 例:/opf=0 ※フォルダを開かない場合

処理後にアタッシェケースを終了する

/exit=[0,1]
  • 例:/exit=1
  • 例:/exit=0 ※終了しない場合

デスクトップで最前面にウィンドウを表示する

/front=[0,1]
  • 例:/front=1
  • 例:/front=0 ※前面にしない場合

「*」で隠さずパスワードを確認しながら入力する

/nohide=[0,1]
  • 例:/nohide=1
  • 例:/nohide=0 ※隠して入力する場合

常に自己実行形式で出力する

/exeout=[0,1]
  • 例:/exeout=1
  • 例:/exeout=0 ※実行形式で出力したくない場合

メインフォームにそのチェックボックスを表示する

/chkexeout=[0,1]
  • 例:/chkexeout=1
  • 例:/chkexeout=0 ※チェックボックスを表示したくない場合

暗号/復号処理かを問い合わせる

/askende=[0,1]
  • 例:/askende=1
  • 例:/askende=0 ※問い合わせをしたくないとき

明示的に暗号化を指定する

このオプションを指定すると起動時に「暗号化」処理に移行します。

問い合わせオプションが指定されていても無視されます。

/en=1

明示的に復号化を指定する

このオプションを指定すると起動時に「復号化」処理に移行します。

問い合わせオプションが指定されていても無視されます。

/de=1

複数起動しない

/nomulti=[0,1]
  • 例:/nomulti=1
  • 例:/nomulti=0 ※複数起動するとき

保存設定

常に同じ場所へ暗号化ファイルを保存する

/saveto=[PATH]
  • 例:/saveto=MyData
  • 例:"/saveto=C:\Documents and Settings\User1\My Documents" ※パスに空白が含まれる場合

常に同じ場所へファイルを復号化する

/dsaveto=[PATH]
  • 例:/dsaveto=MyData
  • 例:"/saveto=C:\Documents and Settings\User1\My Documents" ※パスに空白が含まれる場合

同名ファイルの場合、確認無しに上書きする

/ow=[0,1]
  • 例:/ow=1
  • 例:/ow=0 ※上書きを確認する場合

暗号化ファイルのタイムスタンプを元ファイルに合わせる

/orgdt=[0,1]
  • 例:/orgdt=1
  • 例:/orgdt=0 ※タイムスタンプを生成時のままにしておく

復号したファイルのタイムスタンプを生成日時にする

/now=[0,1]
  • 例:/now=1
  • 例:/now=0 ※元のタイムスタンプのまま

複数ファイルは一つの暗号化ファイルにまとめる

/allpack=[0,1]
  • 例:/allpack=1
  • 例:/allpack=0 ※まとめない場合

フォルダ内のファイルは個別に暗号化/復号する

/oneby=[0,1]
  • 例:/oneby=1
  • 例:/oneby=0 ※個別に処理しない場合

復号するときに親フォルダを生成しない

/nopfldr=[0,1]
  • 例:/nopfldr=1
  • 例:/oneby=0 ※復号するときに親フォルダを生成する場合

暗号化ファイル名に拡張子を含める

/withext=[0,1]
  • 例:/withext=1
  • 例:/withext=0 ※含めない場合

自動で暗号化ファイル名を付加する

autonameが指定されないと、この機能はOFFとなります。

/autoname=[FORMAT]
  • 例:/autoname=<filename>_<date:yymmdd><ext>
  • 例:"/autoname=<filename>_<date:yymmdd><ext>" ※パスに空白が含まれる場合

削除設定

暗号化した後、元ファイルを削除する

/del=[0,1,2,3]
0削除しない
1通常削除
2完全削除
3ごみ箱への削除
  • 例:/del=1
  • 例:/del=0 ※元ファイル削除しない場合

復号化した後、暗号化ファイルを削除する

/delenc=[0,1,2,3]
0削除しない
1通常削除
2完全削除
3ごみ箱への削除
  • 例:/delenc=1
  • 例:/delenc=0 ※元ファイル削除しない場合

メインフォームにそのチェックボックスを表示する

/chkdel=[0,1]
  • 例:/chkdel=1
  • 例:/chkdel=0 ※チェックボックスを表示したくない場合

乱数を何回書き込み消去するか

/delrand=[0-99]
0-99書き込み回数を指定します
  • 例:/delrand=3
  • 例:/delrand=0 ※乱数書き込みしない場合

NULLを何回書き込み消去するか

/delnull=[0-99]
0-99書き込み回数を指定します
  • 例:/delnull=3
  • 例:/delnull=0 ※乱数書き込みしない場合

動作設定

圧縮設定(圧縮率)

/comprate=[0-9]
0-9圧縮率を指定します
  • 例:/comprate=6
  • 例:/comprate=0 ※圧縮しない場合

暗号化した後にデータのコンペアを行う

/cmp=[0,1]
  • 例:/cmp=1
  • 例:/cmp=0 ※コンペアしない場合

高度設定

パスワードにファイルの指定を許可する

/pf=[0,1]
  • 例:/pf=1
  • 例:/pf=0 ※許可しない場合

暗号時のパスワードファイルパス

/pfile=[PATH]
  • 例:/pfile=C:\Temp\pass.txt
  • 例:"/pfile=C:\Documents and Settings\User1\My Documents\pass.txt" ※パスに空白が含まれる場合

復号時のパスワードファイルパス

/dpfile=[PATH]
  • 例:/dpfile=C:\Temp\pass.txt
  • 例:"/dpfile=C:\Documents and Settings\User1\My Documents\pass.txt" ※パスに空白が含まれる場合

パスワードファイルがない場合エラーを出さない

/nomsgp=[0,1]
  • 例:/nomsgp=1
  • 例:/nomsgp=0 ※エラーを出す場合

暗号化ファイルの拡張子を偽装する

/camoext=[EXT]
  • 例:/camoext=.jpg
  • 例:/camoext=null ※偽装しない場合

その他(コマンドラインからのみ)

実行形式のときに出力ファイルが4GBを超えても警告メッセージを出さない

実行形式出力以外のとき、このオプションは無視されます。

/4gbok=[0,1]
  • 例:/4gbok=1
  • 例:/4gbok=0 ※出す場合

別テキストファイルで暗号/復号処理するファイルリストを指定

/list=[PATH]
  • 例:/list=C:\Temp\list.txt
  • 例:"/list=C:\Documents and Settings\User1\My Documents\list.txt" ※パスに空白が含まれる場合

指定するファイルリストの書式は、1行1ファイルパスです。

上記のパスに指定した「list.txt」のサンプルは下記のとおりです。

hogehoge.bmp
hogehoge1.bmp
hogehoge2.bmp
hogehoge3.bmp
tmp\temporary.htm
C:\Documents and Settings\User1\My Documents\test.doc
  • 別途実行引数にファイルパスを直接入れても、併用できます。(というより一緒に処理されてしまいます)
  • 当然ですが、存在しないパスがあると処理中にエラーが発生します。

参考